茶会人訪問利用規約

茶会人訪問(URLはhttp://www.chakaijin.jp/)は茶会人訪問運営委員会(以下「運営者」)が提供するサービスです。ユーザーは茶会人訪問を利用することで、他のユーザー(以下「訪問相手」)と対面または非対面でコミュニケーションする機会を得ることができます。

ユーザーは茶会人訪問を利用することにより本規約に同意することになります。以下を注意してお読みください。また、茶会人訪問のプライバシーポリシーも必ずご覧ください。

不正利用

茶会人訪問を不正に利用してはいけません。たとえば、茶会人訪問のサービスを妨害したり、運営者が提供するインターフェースおよび手順以外の方法によって茶会人訪問へのアクセスを試みることなどは不正利用とみなします。

ユーザーは、法律(輸出、再輸出に関して適用される法規制を含みます)で認められている場合に限り、茶会人訪問を利用することができます。

茶会人訪問は「インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律」の定める「インターネット異性紹介事業」ではありません。異性交際に関する情報を送信してはなりません。異性交際を目的として利用してはなりません。

ユーザーが運営者の規約やポリシーを遵守しない場合、または運営者が不正行為と疑う行為について調査を行う場合に、運営者はユーザーに対する茶会人訪問の提供を一時停止または停止することができます。

利用資格

以下の条件に該当する方は茶会人訪問を利用できません。

  • 18才に満たない方
  • 過去に茶会人訪問から警告、退会、その他これらに相当する指摘をされたことがある方
  • 反社会的勢力の構成員、その他反社会的勢力に関係がある方
  • その他、当社が茶会人訪問の利用を不適当と判断する方

茶会人訪問アカウントの作成と削除

茶会人訪問を利用するためには茶会人訪問アカウントが必要になる場合があります。茶会人訪問アカウントは、ユーザー自身が作成することよって割り当てられます。茶会人訪問アカウントを他者に利用させたり、譲渡したりすることはできません。

ユーザーはいつでも茶会人訪問の利用を終了することができます。ユーザーが茶会人訪問から退会すると大部分の情報が削除されますので、必要なデータは退会前にご自身でバックアップしてください。

茶会人訪問の利用に関して、運営者はユーザーに対してサービスの告知、管理上のメッセージ、およびその他の情報を送信することができます。ユーザーはこれらの情報を受け取ることができるようにメールアドレス等の連絡先情報を常に最新の状態に保つ必要があります。ユーザーが茶会人訪問を90日以上利用せず、また運営者からの呼びかけに応答しなかった場合、運営者はユーザーの茶会人訪問アカウントを削除することができるものとします。

ユーザーが、自身のアカウントが第三者によって不正に利用されていることに気づいた場合、速やかに運営者に報告する必要があります。問い合わせフォームから連絡してください。

Facebookアカウント

ユーザーは他のユーザー(訪問相手を含む)に信頼を与えるために、Facebookアカウントと茶会人訪問アカウントを連携しなければなりません。そもそも複数のFacebookアカウントを保有することはできませんが、ユーザーは茶会人訪問アカウントと「主たるFacebookアカウント」を連携しなければなりません。

社会人プロフィール

ユーザーは、社会人プロフィールを作成することで、茶会人訪問上で訪問依頼を受け付けることができます。社会人プロフィールに虚偽の情報を掲載してはなりません。

社会人プロフィールを作成しているユーザーが了承した場合を除き、ユーザーは訪問依頼の代わりとしてFacebookメッセージを送ってはなりません。茶会人訪問上の訪問依頼機能を使ってください。

人材採用活動における利用

ユーザーは、プロフィールに所属企業を明示することによって、所属企業の人材採用活動のために茶会人訪問を利用することができます。ユーザーが茶会人訪問上で採用活動を行う際には、各種法令や業界団体の規制(例えば、職業安定法や「採用選考に関する企業の倫理憲章」)を遵守する義務はユーザーにあるものとします。

ユーザーは、人材採用関連サービス(例えば仲介、紹介、広告、宣伝など)の一環として茶会人訪問を利用してはなりません。

訪問に関するトラブル

ユーザーは茶会人訪問を通じて他のユーザーとの対面の機会を得る場合があります。訪問時および訪問前後のやり取りを通じて、相手の尊厳を傷つけるような発言や行為(例えば、誹謗中傷、脅迫、セクシャルハラスメント、プライバシーの侵害)をしてはなりません。そのような発言や行為があったということが他のユーザーから通報された場合、通報されたユーザーが茶会人訪問を不正に利用しているとみなす場合があります。

訪問時および訪問前後のやり取りを通じて生じたユーザー間のいかなるトラブルに関しても、運営者は何らの責任も負いません。ユーザー間で生じたトラブルは、ユーザー自身で解決してください。

プライバシーの保護

茶会人訪問のプライバシーポリシーでは、茶会人訪問の利用におけるユーザーの個人データの取り扱いとプライバシーの保護について記載しています。ユーザーは、茶会人訪問を利用することにより、プライバシーポリシーに従って運営者がユーザーの個人データを利用できることに同意することになります。

情報の開示

運営者は、ユーザーの情報については、原則として第三者への開示を行いませんが、以下の場合には、関係法令に反しない範囲で、事前に通知することなく第三者に個人情報および会員の利用履歴、その他メッセージの内容等を提供することがあります。

  • 公的機関その他から法令に基づき開示を求められたとき。
  • 会員の同意を得たとき。
  • 人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、会員の同意を得ることが困難であるとき。

茶会人訪問内のユーザーのコンテンツ

茶会人訪問の一部では、ユーザーがコンテンツを提供することができます。ユーザーは、そのコンテンツに対して保有する知的財産権を引き続き保持します。つまり、ユーザーのコンテンツは、そのままユーザーが所有します。

ユーザーが提供したコンテンツ(例えば社会人プロフィールやメッセージ)や、それらのコンテンツの中でリンクされている茶会人訪問外のウェブサイト上のコンテンツについて、運営者は何らの保証をしないものとします。

茶会人訪問の変更または終了

運営者は、常に茶会人訪問の変更および改善を行っています。運営者は機能の追加や削除を行うことができ、茶会人訪問全体を一時停止または終了することができます。

事業譲渡

運営者が茶会人訪問に関する事業を第三者に譲渡する場合には、30日以上前からの事前告知期間をもって、運営者は本規約に関する契約上の地位を事業の譲受人に移転させることができるものとします。ユーザーがかかる契約上の地位を移転させることについて同意しない場合、事前告知期間中に退会することができます。

保証および免責

運営者は、社会通念上合理的な水準の技術および注意のもとに茶会人訪問を提供しますが、本規約または追加規定に明示的に規定されている場合を除き、茶会人訪問について具体的な保証を行いません。例えば、運営者は、茶会人訪問内のコンテンツ、茶会人訪問の特定の機能、その信頼性、利用可能性、またはユーザーのニーズに応える能力について、何ら保証しません。茶会人訪問と連携している外部サービス(例えばFacebook)の障害、停止、終了などが原因の場合についても同様に、何ら保証しません。

茶会人訪問はOB/OG訪問の機会をユーザーに提供しますが、その内容や帰結について何ら保証しません。ユーザー間で生じた紛争について何らの責任も負いません。

茶会人訪問に対する責任

法律で認められる場合には、運営者は、逸失利益、逸失売上もしくはデータの紛失、金銭的損失、または間接損害、特別損害、結果損害もしくは懲罰的損害について責任を負いません。

いかなる場合においても、運営者は、合理的に予測することができない損失または損害については、何らの責任も負いません。

本規約について

運営者は、たとえば、法律の改正または茶会人訪問の変更を反映するために、茶会人訪問に適用する本規約または特定の茶会人訪問についての追加規定を修正することがあります。ユーザーは定期的に本規約をご確認ください。運営者は、本規約の修正に関する通知をこのページに表示します。追加規定の修正については、該当する茶会人訪問内において通知を表示します。変更は、さかのぼって適用されることはなく、その変更が表示されてから 14 日以降に発効します。ただし、茶会人訪問の新機能に対処する変更または法律上の理由に基づく変更は、直ちに発効するものとします。茶会人訪問に関する修正された規定に同意しないユーザーは、茶会人訪問の利用を停止してください。

本規約と追加規定との間に矛盾が存在する場合には、追加規定が本規約に優先します。

ユーザーが本規約を遵守しない場合に、運営者が直ちに法的措置を講じないことがあったとしても、そのことによって、運営者が有している権利(たとえば、将来において、法的措置を講じる権利)を放棄しようとしていることを意味するものではありません。

ユーザーは、茶会人訪問および本規約の解釈および適用については日本国法が適用されることに同意するものとします。ユーザーは、茶会人訪問または本規約に関わる全ての訴訟について東京地方裁判所をもって第一審の専属的合意管轄裁判所とすることに同意するものとします。

附則

本規約は2016年4月19日から実施します。